宝くじ当せん番号自動照合機
(7Bタイプ)

宝くじ当せん番号照合を迅速・正確に行う
高性能・高機能オートチェッカ

宝くじ当せん番号照合を迅速・正確に行う
高性能・高機能オートチェッカ

ジャンボ宝くじなどの普通くじ、スクラッチの当落照合を行う宝くじ売り場に設置されている端末です。

こんな課題を解決します

チェックマーク

早く正確に照合を行い、当落判定の誤りやお客さまからのクレームなどの店舗運営リスクを減らしたい

チェックマーク

店員の照合作業負担を減らし、宝くじ売場窓口でお客さまとのコミュニケーション(販促機会)を増やしたい

宝くじ当せん番号自動照合機の特長

01ジャンボくじなどの普通くじ、スクラッチを正確かつ短時間で照合

宝くじ当せん番号自動照合機
くじ券の番号を高速(約100枚/分)かつ正確に読み取り、有効期限をチェックして当せん番号との照合を行います。また、正確かつ短時間でのスクラッチ照合に必要なバーコードリーダを搭載。お客さまをお待たせすることなく、当せん支払い金額の間違いを防ぎます。

02照合結果が確認でき、くじ券の分類間違いを防止

宝くじ当せん番号自動照合機
販売員側のディスプレイは、照合中のお客さま用外部表示装置と同一の当せん状況を表示しますので、照合途中の結果を確認することができます。
また、売り場にて回収するくじ券(当せん支払い分)と、お客さまに返却するくじ券(はずれ、高額当せん分)を振り分けて照合機から排出しますので、くじ券の回収/返却間違いを防止できます。

03すぐれた操作環境

宝くじ当せん番号自動照合機
※画像はイメージです
挿入口にくじ券をそろえてセットし、開始キーを押せば自動的に1枚ずつ読み込み照合を行います。
また、操作パネルには高品位大型液晶ディスプレイを採用、鮮明な文字表示により、見やすくなっています。照合中は、お客さま用の外部表示装置と同一の当せん状況を表示します。

04明細書の自動発行

証票をすべて照合したあとに明細書キーを押すと、当せん金支払額との当せん枚数、はずれ枚数など、お支払額が一目でわかる明細書が自動で発行されます。

仕様・スペック

装置サイズ 280(W)×500(D)×670(H)mm
挿入口枚数 約200枚
処理性能 約100枚/分
排出口 3スタッカ(当たり、はずれ、リジェクト)
明細書印字 感熱式レシートプリンタ
その他機能

操作パネル(販売員用):5.7型(320*240ドット)

液晶ディスプレイ外部表示器(お客さま用):5.7型(320*240ドット)

液晶ディスプレイスクラッチ照合用バーコードリーダ

 

※仕様については予告なく変更する場合があります。
YouTube公式チャンネル